HOME>特集>仕事の種類により業務内容に違いがあるので自分に合ったものを選ぶ

目次

どのような職種がありどんなスキルが必要か

就職活動

学生の頃に留学をして英語での日常会話以上が出来るレベルにある、いずれは外資系や日本企業の海外担当部署で働きたい等という人におすすめの職種に、貿易事務の派遣というものがあります。大まかにこの貿易事務の仕事は、輸出関連の仕事と輸入関連の仕事に2分されます。輸出関連の主な業務内容は、通関書類の作成や現地での商品の運送トラック等の手配といった仕事が主になります。輸入関連では、日本国内での関税や消費税の納付、商品の納入や在庫の管理業務等です。それぞれに応じて税の知識や輸出先の法律といった知識が必要ですが、何といっても必要なのが英会話能力でしょう。単にコミュニケーションが取れるだけでなく、ある程度の専門的な単語の知識も必要です。

その他必要なスキルと身に付くスキル

その他、貿易事務の派遣で働く際には、書類作成や表計算ソフト等をある程度使いこなせなければなりません。また、輸出業務の派遣で働く際に、人手が足りなくなり輸入の方に回って欲しいといわれる可能性もあるので、どちらの業務内容も頭に入れておく必要があります。そして、この仕事を通じて得られるスキルは様々ありますが、より高い英会話能力が身に付くという点が特に大きいです。先述の通り、税や法律に関するやり取りを行うためにそれらの分野の英単語の知識や、ビジネスシーン特有の言い回しや定型的表現まで様々な専門的な英語力が身に付きます。こうしたスキルを自分のものにし、正社員登用への道もあるようです。

広告募集中