HOME>イチオシ情報>働き方の多様化が進んでいっている背景とは
男性

目的は何なのか

昨今、終身雇用と言う言葉が薄くなりつつある日本、このまま行けば少子高齢化の波は大きさを増し今後の老後や、その他の事が非常に気になってくるのではないでしょうか。そんな中、正社員で働く人以外の人たちが出てきました。もちろん、アルバイトなどは雇用形態が異なるため、正社員以外に含まれますが、やはり稼げる額も違ってきます。そのため、比較対象にはなりませんが、工場系などの従業員の中には期間工と呼ばれる契約期間が決まっている人たちも存在します。半年契約、1年契約と様々な期間働きますが、なかなか大手の求人を探す事は、難しく苦戦する事もあります。しかし、メリットがあり、期間工を経験した後に自分の夢などを叶える目的があるのであれば、お金を貯めるために入ったり、職を探すための一時的な繋ぎと言う考え方の人もいるみたいです。

何をやりたいかを明確に

期間工の求人を見る時に必要な情報があります。まず一つ目は、賃金です。他の企業に比べたら現在見ている求人は給料が安い、または高いなどの情報を見る必要があり今後のモチベーションにも関わります。そして、二つ目は、期間工の雇い主が、どこの企業なのかを知っておく事です。大企業が雇い主であった場合はいいのですが、その間に別の企業が入る事によって正社員登用を目指す人にとっては、かなりの死活問題です。なぜかと言うと、大企業は直接雇うため、何があっても差はつきません。しかし、別の企業をかませる事によって仲介手数料などを取られたりと雇う側にもメリットはありません。そのため、豆知識として知っておくと良い事は、企業と賃金、福利厚生が、どの様な事なのかを期間工でも、そこで働く可能性があるため調べておく必要があります。

広告募集中